not in the log. JG3JLC/NN1X

Mac版WSJT-Xのインストール

e0195647_22152797.jpg
MacBook Air(11インチ Early2015, Mac OS X Sierra)にWSJT-X 1.9.1をインストールしました。
IC-7300との接続で、正常に動いているようです。
いくつかハードルがありましたので、参考のためにメモしておきます。
Mac OS X版アプリケーションはWSJT-Xのサイトからダウンロードできます。
https://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/wsjtx.html

1.インストールしたそのまんまでは、「Unable to create shared memory segment」というメッセージが出て起動できません。
ユーティリティからターミナル.appを起動し、コマンド
sysctl -a | grep sysv.shm を打ち込んで

kern.sysv.shmmax: 33554432

と表示されない場合、解凍したフォルダの中にある
sysctl.conf をデスクトップにドラッグし

sudo cp $HOME/Desktop/sysctl.conf /etc/
sudo chmod 664 /etc/sysctl.conf
sudo chown root:wheel /etc/sysctl.conf

と打ち込みます。(起動パスワードを要求されます)
ターミナルを閉じ、Macを再起動させます。
これで、WSJT-Xが起動できるようになります。

2.次は、USBドライバーのインストールです。
http://www.silabs.com/Support%20Documents/Software/Mac_OSX_VCP_Driver.zip
をダウンロードし、インストールします。

3.Preferences>Radioの設定画面です。インストールしたUSBドライバーが現れますが「/dev/tty.SLAB_USBtoUART」を選択。 CATのポートも同じドライバーを選択。

e0195647_23025502.png
4.Preferences>Audioの設定画面です。Input、Outputともに「USB Audio CODEC」を選択
e0195647_23101221.png

これでリグコントロールも含め、正常に接続できていると思います。
なお、MacBook Pro(2017, Mac OS X High Sierra)にもインストールしてみました。上記プロセスの2までは進みましたが、3のreferences>Radioの設定画面でインストールしたUSBドライバーがどうやっても選択肢に現れず、ここで断念しました。


[PR]
# by jg3jlc | 2018-07-06 23:13 | Rig & Goods | Comments(0)

FT-857DMのディスプレイがシマシマ

クルマに積んでいるFT-857DMのディスプレイのドット抜けが徐々に進行してシマシマになり、文字の判別が出来なくなっていました。周波数の読み取りはまだ出来ますが、右上の電源電圧は判別が困難ですよね。
e0195647_17205114.jpg
八重洲無線に相談のメールをしたところ、

「お問合せ頂きましたFT-857M液晶部の修理のみの場合、工賃+部品代で25,000円~30,000円(税別)となりますが、ご依頼の際には、事前にお見積も可能でございます。(中略)また、西村様がお持ちの無線機【技適番号002KN391】ですが、誠に申し訳ございませんが、長らくご愛顧いただいている無線機のため、旧スプリアス基準機につきましては保守部品等完了のため、送信系修理は、調整も含めお受け出来ないものとなっておりますので、その点もご検討頂ければ幸いです。併せて新スプリアス基準に適合する改造や調整など弊社では出来かねる内容でございます。」

ということでした。
中古で購入したリグに、そこまで修理代をかけるかと悩みましたが、この様子ではそのうち八重洲無線で修理自体をうけなくなりそうですから、思い切って依頼することにしました。
6月18日受付、20日完了で、戻ってきました。
パネルユニット交換 14,550円、工賃7,000円、送料1,940円、消費税1,879円で合計25,369円です。
ハンディ機が一台買えそうな修理代になりましたが、すっきり治って満足です。

しかしまあ、バンド内はガラガラです。(エアバンドとワイドFMを聴いています。)
e0195647_17210006.jpg

[PR]
# by jg3jlc | 2018-06-25 17:19 | Rig & Goods | Comments(0)

HAMworld No.11

2018.6発売の「HAMworld No.11」
e0195647_15545293.jpg

ARRL VE神戸チームで一緒に活動しているAH0YL/JP3AYQ眞田眞由美さんによる「米国アマ無線ライセンスを取得しよう」が掲載されています。
私が撮影した試験実施中の写真を使っていただきました。
e0195647_15550111.jpg


[PR]
# by jg3jlc | 2018-06-24 15:54 | FCC VE Exam. | Comments(0)

Dell vostro230の改造

IIvx以来のMacユーザーですがwin機もあります。今日はDell vostro230のマザーボード+CPU載せ替えのオペ。
もう8年くらい前のCore2Duoマシンで、劇的に遅くなってしまったのですがせっかくミニタワーの良いケースなので捨てるには忍びないので、中身を入れ替えて再生させることにしました。
いまさらですがLGA1155マザー+Core i5-2400(中古)+win10home
e0195647_00595533.jpg
載せ替え前です。

e0195647_00595748.jpg
載せ替え前のリアパネル

e0195647_01025287.jpg
新規購入のマザーボード。Micro ATXがぴったり入ります。

e0195647_09563475.jpg
CPUとCPUクーラー、メモリを取り付けたマザーボードを載せ替え。
CPUクーラーがネジ止めじゃなくて、パッチンのファス
ナーなんでやりにくい。
メモリーは以前のボードのDDR3 2GB×2を流用。
ケースファンは邪魔なので一旦取り外しました。

e0195647_01000061.jpg
載せ替え後のリアパネルです
DVIとHDMI出力ができるようになりました

e0195647_01000175.jpg
完了しました。電源やファン、USB関係のコネクタはそのままでOK。
システムパネルコネクターの配線が違うので変換が必要でした。

e0195647_01001674.jpg
システムパネルコネクターの変換にはこれを使いました。

e0195647_01001883.jpg
CPUは中古で購入


[PR]
# by jg3jlc | 2018-05-06 00:59 | Rig & Goods | Comments(0)

FCC VE試験(第38回・神戸)

ARRL VE神戸の第38回EXAMセッションです。
4月29日(日)13:30〜北神区民センター



[PR]
# by jg3jlc | 2018-04-08 22:22 | FCC VE Exam. | Comments(0)



アマチュア無線のはなし。広島県廿日市市アパマン運用です。京都シャックも健在。
最新の記事
Mac版WSJT-Xのインス..
at 2018-07-06 23:13
FT-857DMのディスプレ..
at 2018-06-25 17:19
HAMworld No.11
at 2018-06-24 15:54
Dell vostro230..
at 2018-05-06 00:59
FCC VE試験(第38回・..
at 2018-04-08 22:22
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
私の巡回リンク先
その他のジャンル
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧