人気ブログランキング |

not in the log. JG3JLC/JO4KBY/NN1X

Mark-V FT-1000MPの専用電源 FP-29逝く(1)

京都シャックはFT-1000MP Mark-Vで「移動しない局」の200W免許です。
ところがこのリグが厄介なのはFP-29という専用電源(DC30Vと13.8V)を使用するということで、いわゆるアマチュア用に市販されている汎用電源が使えません。
昨年あたりから時折、この電源が通電しないことがあったのですが、このたびもうウンともスンとも言わなくなり、Mark-Vが全く使えなくなりました。
八重洲無線のサービスセンターに電話したところ「修理受付不可」ということで、「DC30Vの15Aと13.8Vの3Aの電源を用意していただければ、お使いいただけます。」という対応でした。

13.8Vのほうは受信用で、これは手持ちの電源をつなぐと受信はできることを確認。次はDC30Vの確保です。


次の記事「Mark-V FT-1000MPの専用電源 FP-29逝く(2) 」に続く

Mark-V  FT-1000MPの専用電源 FP-29逝く(1)_e0195647_11430219.jpg

by jg3jlc | 2015-05-16 11:45 | Rig & Goods | Comments(2)
Commented by js1tvb 溝辺 at 2019-05-31 13:30 x
ブログを拝見したJS1TVB 溝辺と申します。
私もMARK-V FT-1000MPの愛用者ですが、同じように外付け専用電源
壊れて、メーカーも対応不可と修理返却されました。多分電源の内部に使っているカスタムハイブリッドICの不良かと推測しています。
結果的には、FP-29のケースと内部基板上のコモンフイルターを切り離し、別途購入したDC30Vと13.8VのSW電源を内部に組み込み、中身は異なりますが、外観はFP-29として
復活して現在も快適に使っています。ご参考になればとメールまで。
Commented by jg3jlc at 2019-06-05 10:46
> js1tvb 溝辺さん
コメントありがとうございます。私もこのDC30VのSW電源(送信用)をFP-29のケースに組み込みましたが、次の記事「FT-1000MP Mark-Vの専用電源 FP-29逝く(2) 」の通り、残りのスペースに入れようとした13.8VSW電源(受信用)をノイズのため断念し、結果的には別途トランス式の13.8V電源との2台態勢で電源供給しています。
よかったら13.8VのSW電源に何をお使いか、ご教示いただけるとありがたいです。
<< Mark-V FT-1000... ARRL VE KOBE Ex... >>



広島県廿日市市よりアマチュア無線のはなし。DE JG3JLC/JO4KBY/NN1X
最新の記事
ローテーターのメンテナンス
at 2020-03-18 22:23
Mark-V FT-100..
at 2020-03-11 01:26
JumboSpotを送信設備..
at 2020-02-27 14:28
関西ハムシンポジウム2020
at 2020-02-12 11:18
ARISS SCHOOL C..
at 2020-01-22 18:06
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
私の巡回リンク先
その他のジャンル
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧